安平町の安平山スキー場=同町追分豊栄193=は今季の営業を10日で終えた。シーズン中のリフト利用客は前年度比で4378人多い、延べ13万1531人だった。13万人台は2008年度シーズン以来。

町営のスキー場で、ゲレンデは難易度別に4コースに分かれ、そり遊び用のコースもある。今季の営業開始は昨年12月23日で、1995年度の12月20日に次いで2番目に早かった。シーズン後半は降雨で休業する日もあり、営業日数は前年度に比べ3日減の74日間だった。リフト利用の売り上げは848万6040円で、同2810円下回った。
(苫小牧民報)