壇蜜のエロス路線を引き継ぐ今井メロ(写真:夕刊フジ)大人の色香を武器に人気街道をばく進中のタレント、壇蜜(32)。初主演映画「私の奴隷になりなさい」の大ヒットで第2弾の映画製作が進む中、同じエロス路線の主演女優として、元スノーボード五輪代表の今井メロ(25)の名が急浮上している。

「私の奴隷になりなさい」は、昨年11月からロングラン上映を続け、東京・銀座シネパトスだけで1万人動員を突破。既婚OLが性の奴隷として調教される場面がより過激になったディレクターズカット版(R−18指定)が続けて上映され、客足が絶えない。

製作・配給元の角川映画では、すでに壇蜜主演の第2弾として「甘い鞭」(石井隆監督)の製作を開始。大石圭氏の原作は、角川ホラー文庫史上で「最もショッキングでエロティック」と評判で、「昼は女医、夜はSMクラブのM嬢に変貌する奈緒子役を壇蜜が演じる」(映画関係者)というから待ち遠しい。9月公開予定だ。
映画業界では、「柳の下にドジョウは二匹、ならぬ三匹」が常識。大人のエロス−という鉱脈を探り当てた角川映画では、さらに第3弾に着手したいところだが、多忙を極める壇蜜に、これ以上のスケジュールは割けないのが実情だ。

そこで、新たなエロス作品の主演として浮上しているのが今井の名。

今井は昨年9月、デリヘル嬢だった過去など半生を赤裸々に綴った自叙伝『泣いて、病んで、でも笑って』(双葉社)を出版。「天海祐希さんのような女優になりたい」と再起をはかっていた。

配給関係者が水面下の動きを明かす。

「はじめは自叙伝の映画化が進められたが、中身がリストカット、レイプ、中絶、整形手術、生活保護受給などあまりに過激なため、宙に浮いた形となった。変わって進められているのが、“ポスト壇蜜”としてソフトSMなど大人のエロスを追求した映画への主演です」

実際、今井も最近では「壇蜜さんに憧れる」と周囲に語り、先週発売の写真週刊誌「FRIDAY」では“至高のヌード”と題した全裸グラビアを披露している。

「4月には『Mellow Style』というタイトルのヌード写真集も出版する。これは次の映画主演に向けたPRと受け取る映画関係者は多い」と配給関係者。

角川映画では、「そんな話は、まったく聞いていない」と否定するが、円熟ボディーの今井も壇蜜に負けないエロスをスクリーンで全開するのだろうか。
(夕刊フジ)