佐野地区の雪像村内にある六つのスキー場などでさまざまなイベントが繰り広げられる白馬村の「白馬雪恋まつり」が、「白馬スキーの日」の8日、始まった。16日まで続く。

村の南の玄関口に当たる佐野地区では、県の観光PRキャラクター「アルクマ」と雪だるまの二つの大きな雪像が作られ、スキー客らを出迎えている。

期間中は、「バレンタインカップルナイト」(9日)、「スキージャンプ子どもの日」(10日)、「八方尾根火祭り」(16日)などが予定されている。
(朝日新聞)