開田高原マイアスキー場に飾られた「チョコハウス」14日のバレンタインデーを前に、木曽郡木曽町の御岳山麓にある開田高原マイアスキー場を運営する「アスモグループ」(木曽町)が、同スキー場のセンターハウスにチョコレートで作った「チョコハウス」を飾っている。ホワイトデー(3月14日)前の3月10日に壊し、スキー客に振る舞う予定だ。

スキー客を驚かそうと、レストランスタッフの星山冬樹さん(43)が1月下旬に作った。高さと横幅、奥行きとも約60センチで、初めて作った昨年の約2倍の大きさ。ホワイトチョコを使い、雪が降り積もる様子も表現している。

使ったチョコの量を当てるとリフト券などが当たるクイズも、来月8日まで実施している。星山さんは「特に女性に見てもらい、最後は味も楽しんでもらいたい」と話している。
(信濃毎日新聞)