ゲレンデで天気予報のボードを掲げる一般女性=長野県白馬村で(白馬さのさか提供)ゲレンデを訪れた一般女性が笑顔で天気予報のボードを掲げる−。そんな写真を、長野県白馬村のスキー場「白馬さのさか」がインターネット上で毎日公開している。「雪山ガール天気予報」と銘打った取り組みが話題となり、昨シーズンの来場者数は急増。今シーズンは新たに「雪山ボーイ」も登場した。

スタッフの谷岡貫太さん(29)が主に若者の注目を集めようと発案した。ゲレンデで輝く女性を見つけて協力を依頼し、翌日の天気予報をボードに記入してもらって撮影。昨年一月からホームページで掲載を始めると、アクセス数が一気に二倍になった。
写真を見た人からは「毎日楽しみにしている」と激励の声が寄せられ、“モデル”の女性にも「いい思い出になった」と好評。今年一月にはフェイスブックで男性を撮った同様の写真の公開も開始した。

スキー場の知名度がアップし、昨シーズンの来場者数は前年と比べて三割近く増え、今シーズンも好調だという。谷岡さんは「悪天候で来場者が少ないときに協力してくれる人を探すのは大変だが、集客につながってやりがいがある」と話している。
(東京新聞)