「雪山ボーイ天気予報」のイメージスキー場の天気を知らせる女性客の写真を日替わりでホームページに掲載する「雪山ガール天気予報」で昨年話題を呼んだ白馬村の白馬さのさかスキー場が今季、男性版の「雪山ボーイ天気予報」を開設する。

県内スキー場で昨季最大の利用率増加に貢献した名物コーナーの新展開に、関係者は「更に盛り上がれば」と期待している。

「雪山ガール―」は、女性客に翌日の天気予報を手書きしたボードを持ってもらい、毎日画像を更新する。インターネット上で話題となり、公式ホームページ閲覧数は倍増。さのさかの知名度アップにつながり、利用者増加率は県内87か所のスキー場で1位の26・7%となった。
「ゲレンデの『イケメン』にも注目が集まるのでは」。さのさかスキー場のスタッフでコーナーを担当する谷岡貫太さん(29)らは「男性版」の構想も練り始め、今年に入り男性客に天気予報のボードを持ってもらい、交流サイト「フェイスブック」で試験的に掲載した。すると、「このバージョンを待っていた」「イケメンぞろい」など好評の声が相次いだため、開設を決めた。

さのさかスキー場は関連企画として、ゲレンデを男女の出会いの場とする「ゲレコン」を検討する。谷岡さんは「男性版をきっかけに女性客の利用も増やし、『出会い』の付加価値をスキー場に生み出したい」と意気込んでいる。
(読売新聞)