Ayumu Hirano wins silver in Snowboard SuperPipe2013年1月27日、アメリカ合衆国コロラド州アスペンで開催されたX Games Aspen 2013のメンズ・スノーボード・スーパーパイプ種目で、モンスターエナジーがサポートする若干14歳の日本人ライダー 平野歩夢選手がX Games初挑戦で銀メダルを獲得するという快挙を成し遂げました。14歳でのメダル獲得はX Games史上最年少となります。

決勝戦1本目、ほぼ完璧なライディングは、来場者や視聴者を釘付けにさせました。また2本目の最後にはダブルコーク1080を見事にメイク、このライディングで92.33ポイントをマークし、銀メダルを手にしました。
平野歩夢選手は、今年になって才能をいかんなく発揮。彼の若さと思い切りの良さはプレッシャーとは無縁であり、他のライダーを気に掛けることなく、とにかくその場を楽しめることが彼の持ち味です。スノーボードを4歳から始め、今ではモンスターエナジーのチームメイトである國母和宏選手を追って、アメリカと日本を行き来しながらトレーニングを行っています。

平野選手は「自分が尊敬している選手たちと一緒にライディングできたことや、自分のベストライディングで2位になれたことに、とても満足しています。」と、競技終了後にコメントしました。

【2位を決めた決勝2本目 ESPNより】


【平野歩夢の才能についてスノーボード界のレジェンドである2度のオリンピック銀メダリストのダニー・キャス、國母和宏のコメント ESPNより】


(YUCASEE MEDIA)