くまぁち(右側)やアルクマと記念撮影する子どもたち阿智村内で営業する三つのスキー場(あららぎ高原、治部坂高原、ヘブンスそのはら)が募集していた新しいマスコットキャラクターの名前が「くまぁち」に決まった。

くまぁちはゴーグルとマフラーを着けたシロクマ。スキーと山が大好きで、ゴルフもたしなむ。

昨年末に三スキー場が名称を募集したところ、県内外から千三百通以上の応募があり、シロクマの「くま」と阿智村の「あち」を組み合わせた「くまぁち」が選ばれた。

ヘブンスそのはらで二十日、発表イベントがあり、吉本興業所属のお笑いコンビ「こてつ」と県観光PRキャラクター「アルクマ」がくまぁちを紹介。
ステージ終了後の写真撮影会では、来場した親子連れがアルクマやくまぁちと一緒に記念撮影を楽しんでいた。

くまぁちは三スキー場のPRのほか、村の活動にも携わる予定。
(中日新聞)