県内は本格的なスキーシーズンを迎えているが、尖閣諸島を巡る日中対立に端を発した中国人観光客減少の影響が一部のスキー場にも及んでいる。

湯沢町は中国人スキーヤーが増えていたが、今季はさっぱり。同町観光協会が町内のスキー場や宿泊施設の数カ所に聞いたところ、12月の滑り出しの時期、中国人団体客の予約は前季の20〜10%まで激減していた。さらに今年3月まで、ほとんど予約が入っていない状態だった。

同協会はJR越後湯沢駅構内に案内所を設けている。訪れた外国人にスキー場への行き方などを説明しているが、職員の一人は「今季は中国人がだいぶ少ない印象」と話す。
同町と同協会は数年前から中国の旅行会社などに出向き、スキー場を売り込んでいる。中国からは、新潟空港や羽田空港から上越新幹線や関越道を使えば比較的スムーズに到着できることもあり、同町を訪れる中国人スキーヤーは団体客を中心に増えていた。

努力した成果が出始めていたところだっただけに、関係者には歯がゆい思いが募る。日中関係が改善されれば、中国人スキーヤーも戻ってくると予想されるため、同協会は「できるだけ早く関係修復してほしい」と願う。

一方、妙高市のスキー場関係者も日中関係の改善に期待する。

赤倉観光ホテルスキー部門の後藤幸泰支配人代理(40)によると、外国人はオーストラリア人を中心に欧米人や韓国人が主力。中国人スキーヤー減少による影響はさほど大きくないという。

とはいえ、妙高を訪れる中国人は富裕層を中心に4、5年前から徐々に増えており、今後、有望なマーケットになると見ている。後藤代理は「日本人のスキー客が減っている分、中国人には期待している。今は数が少なくても妙高を気に入ってくれた中国人が国に帰って宣伝してくれれば、次につながっていく。こういう形で空白期間ができるのは残念だ」と漏らす。

県観光局広域・国際観光室は「(昨年9月の)尖閣諸島国有化以降、中国から県内の観光地を訪れる団体客の動きがパタッと止まった」と説明。一部の個人客に期待を寄せるが、日中のあつれきに解決の糸口が見えない中、「この冬は(団体の)中国人スキーヤーは厳しいのではないか」と見る。

同観光室の今井剛室長は「中国の旅行会社を新潟に招いたり、中国の政府筋に誘客を働きかけたりする努力は続けている」と説明する。
(毎日新聞)