スノーボードのワールドカップ(W杯)は9日、米カッパーマウンテンでスロープスタイル今季第1戦の男子予選が行われ、角野友基(アルツキララク)と石田貴博(ムラサキスポーツ)が決勝に進んだ。

バンクーバー五輪のハーフパイプ代表、国母和宏(キャピタ)は予選落ち。
(時事通信)