インストラクターから基礎技術の指導を受ける参加者たち室蘭スノーボード協会(日栄毅会長)主催のスノーボード無料講習会が6日、室蘭市香川町の市だんパラスキー場で行われ、未経験者や初心者が板のセッティング方法や滑り方など基礎を学んだ。

小学校3年生以上の未経験者や初心者を対象に、スノーボードの普及と技術を学ぶ場として開催した。小学生から社会人まで8人が参加した。指導は同協会所属の日本スノーボード協会公認インストラクターが担当した。

参加者はブーツをビンディングに取り付ける手順や進行方向を変える足の動かし方など基礎から説明を受けた。
「滑る時には、視線を落とさず進みたい方向を見よう。手や腕を動かしてバランスを取って」とアドバイスを受けながら上達を目指していた。経験別にゲレンデや周辺の雪山を滑ったりと、思い思いにシュプールを描いていた。
(室蘭民報)