3日午前9時頃、長野・山ノ内町の西館山スキー場で、近くに住む無職・児玉千代人さん(75)がスキーヤー2人に相次いで衝突し、そのままコース脇の斜面に飛び出して約6メートル下に転落した。児玉さんは首などを強く打っており、収容先の病院で死亡が確認された。

児玉さんとぶつかった2人にケガはなかった。

現場は斜度が30度近くある中級者向けのゲレンデで、事故当時はふぶいていて、視界が悪かったという。

警察が事故の詳しい原因を調べている。
(日本テレビ系(NNN))