Zach Dischner/Flickrスノーボードを教えてくれるウェアラブルなトレーニング装置が開発された。

ボードに組み込まれた圧力センサーが乗り手の体重移動を感知し、スーツが振動して正しい姿勢を乗り手に思い出させてくれる。

パリ第11大学のダニエル・シュペルメザンが開発したセンサー搭載のスノーボードとスーツは、スノーボーダーたちがコーチについてトレーニングを受けるときに着用する補助装置だ。

ボードに組み込まれた圧力センサーが、乗っている人間の体重分散を感知し、乗り手のエッジの位置を解析する。乗り手の体重が前から後ろに移動すると、太腿と両肩についた振動アクチュエーターが起動する。スノーボードを操作するときの正しい姿勢を振動で乗り手に思い出させるのだ。
スノーボード教室の生徒たちにフィードバックを求めたところ、ウェアラブルな装置は動きを身につけるために役に立つが、1度にたくさんの間違いを修正しようとすると、感覚器官への刺激が多くなり過ぎることがわかった。

これを念頭にシュペルメザン氏は、インストラクターが重心の移動という最も重要なポイントひとつだけに的をしぼるようプログラムすれば、このシステムは最大の効果を発揮するだろうと結論づけている。

シュペルメザン氏はさらにこのトレーニング装置を改良し、正しい動きと間違った動きを区別して、生徒が間違った姿勢をとったときだけ信号を送れるようにしたいと考えている。
(WIRED.jp)