スキー人口の推移この冬、スキー旅行の予約の出足が好調だ。バブル期にスキーブームを体験し子育て真っ最中の三十〜四十代に「子連れでゲレンデに戻ってきてもらおう」と、スキー場は子どものリフト無料化などの誘客策を強化。ホテル業界もカップル向けの部屋を思い切って縮小し、家族で泊まれる広い部屋を増やす改修を進めている。

ブームの火付け役となった映画「私をスキーに連れてって」(一九八七年公開)。劇中歌「恋人がサンタクロース」を歌う松任谷由実さんが毎冬、コンサートを開く苗場スキー場(新潟県)と苗場プリンスホテルが今年、大胆な改革に踏み切った。

二十二年ぶりとなる部屋の大規模改装に着手。カップルの利用を想定した二人部屋を三十六室減らし、家族用四人部屋を十八室増やしたのだ。

一昨年には屋内プールを子ども用室内スキー場に転換。カップルの憧れの的だった「苗場」が家族向け行楽地の色彩を強めている。プリンスホテルの担当者は「三十〜四十代は子育てに忙しく、スキー場から離れているが『またやりたい』『子どもにさせたい』という願望はあるはず。家族で来やすい環境を整えれば、足を向けてくれる」とその狙いを説明する。
プリンスホテルは苗場に加え富良野(北海道)、軽井沢(長野県)など系列の九スキー場で、この冬から一日二千〜三千二百円だった小学生以下のリフト代も無料にした。

他のスキー場も家族層誘客を強化する。六カ所のスキー場を経営する鈴木商会(東京)も小学生以下のリフトを二〇一〇年に無料化。ルスツリゾート(北海道)は三歳以下の宿泊を、星野リゾートトマム(同)は小学生未満のビュッフェでの食事を無料にした。

この冬は多くのスキー場が積雪に恵まれ、予定通りの日程で開業できたことも追い風だ。JTBでは十二日現在、スキー・スノーボード旅行の予約が長野方面で前年同期比17%増と好調。東日本大震災からの復旧が進む東北・新潟方面も8%増と伸びている。楽天トラベルでも全国のスキー場周辺の宿の予約が十六日現在、34・7%増と急伸した。

日本生産性本部の「レジャー白書」によるとスキー人口は九三年の千八百六十万人をピークに下り坂で昨年は六百三十万人だった。三十代以下に人気のスノーボード人口は減少率が小さい。全日本スキー旅行業協会の岩井裕士事務局長は「三、四十代などを呼び戻すことでスキー人口が上向いてほしい。子ども連れで来てくれれば将来のスキーヤー育成にもつながる」と話す。
(東京新聞)