スノーボードのW杯女子パラレル大回転で初優勝し、成田空港でトロフィーを手に笑顔を見せる竹内智香イタリアで21日に行われたスノーボードのW杯女子パラレル大回転第1戦でW杯初優勝した竹内智香(29)=広島ガス=が23日、成田空港に帰国し「(W杯初参戦から)13年かけて一つ一つ乗り越え、優勝まで達成できてうれしい」と笑顔で話した。

W杯ではこれまで2位が最高で「優勝できると感じながら勝つ難しさを感じてきた」と言う。ようやく外国勢の厚い壁を破り「去年とは体力が違う。酸欠にならなかった」と夏の体力強化が実を結んだことを強調した。

2014年ソチ冬季五輪でも活躍が期待される第一人者は「一つ一つクリアして五輪につなげられれば」と飛躍を誓った。
(デイリースポーツ)