初滑りを楽しむスノーボーダーら仙台市泉区のスプリングバレー泉高原スキー場が14日、オープンした。積雪は30センチ程度で、全11コースのうち3コースで滑走が可能となった。

オープンを待ちわびたスキーヤーやスノーボーダーらが早速、初滑りを楽しんでいた。スノーボード歴4年の泉区の会社員小野真弥さん(22)は「ゲレンデは少し固いけど楽しい」と話した。

今季は来年4月7日まで営業する予定。22日から来年3月23日の間は毎日、午後10時までのナイター営業がある。
(河北新報)