16日午後4時15分ごろ、札幌市南区定山渓の札幌国際スキー場で「コースアウトして戻れない」とスキー場事務所に電話があった。

スキー場事務所や市消防局などによると、通報したのは道内の男子中学生5人といい、山を下っていたところを付近にいた人たちに救助され、通報から1時間15分後に全員が無事にスキー場施設に戻った。

スキー場事務所によると、1人がスキー、4人がスノーボードで、「ウッディー第3リフト」脇を滑走中にコースを外れたとの説明を受けたという。

スキー場の同日午後1時35分現在の積雪量は170センチ、気温は零下5.5度。
(朝日新聞デジタル)