リフトを動かしスキー場開きを祝う参加者たち(京丹後市弥栄町・スイス村スキー場)京都府京丹後市弥栄町のスイス村スキー場で16日、スキー場開きが行われた。地元住民や府、市の職員ら約30人がシーズン中の安全と盛況を願った。

同スキー場は、太鼓山(683メートル)の山頂付近にあり、ゲレンデからは伊根町側の日本海を望める。初級者向けから上級者向けまで計7コースがあり、昨シーズンは約6千人が来場した。

安全祈願の神事に続く式典では、スキー場を運営するスイス村管理組合の大江俊太郎社長があいさつし、「安全第一で営業し、お客様に喜んでもらいたい」と述べた。その後、リフトを始動した。
現在、ゲレンデの積雪は約30センチあり、約80センチに達してから営業を始める。府内では宮津市小田の大江山スキー場が22日にスキー場開きを行う。
(京都新聞)