車山高原スキー場で初滑りを楽しむスノーボード客やスキー客茅野市北山の車山高原スキー場とピラタス蓼科スノーリゾート、富士見町の富士見パノラマリゾートの3スキー場が8日、今季の営業を始め、諏訪地方にスキーシーズンの幕開けを告げた。

雪が降りしきるあいにくの天候だったが、県内外から訪れた大勢のスキーヤー、スノーボーダーが初滑りを楽しんだ。

車山高原スキー場はこの日、全7コースのうち初心者・初級者向けのファミリーコース(約800メートル)だけが滑走可能。11月下旬からスノーマシンで整備したゲレンデに約300人が訪れた。
神奈川県箱根町から家族4人で来た小学3年の瀬戸翼君(8)は「天気が悪くても全然平気、すごく楽しい」と笑顔。

同スキー場を運営する信州綜合開発観光(茅野市)の担当者は「ここ2、3日の冷え込みと積雪のおかげで、ゲレンデ状態は良好」と多くの来客に期待していた。

諏訪地方では他の4スキー場も、12月中に順次営業を始める。
(信濃毎日新聞)