関係者が菅平高原の冬の安全を祈った祈願祭上田市の菅平高原観光協会は3日、菅平高原スキー場が本年度の営業を8日に始めるのを前に、冬山安全祈願祭をスキー場近くの道光(どうこう)神社で開き、約30人が参加した。

同スキー場は12ゲレンデに計36コースがある。スノーマシンで整備を進めており、8日は日の出、裏太郎など3、4ゲレンデを開く予定。他も順次営業を始める。同協会理事長の丸山進さん(56)は「ことしは冷え込みが厳しく、雪も順調に降っているので、新雪を楽しみたいスキー客の期待に応えられそう」と話した。
(信濃毎日新聞)