英トラベル検索サイト、スカイスキャナーが今シーズンのお勧めスキーリゾートとして東欧のスキー場を紹介している。6日間パックのスキー場利用料が平均90ユーロ(約9600円)とお財布にも嬉しい値段設定だ。

同サイトが紹介している東欧のスキー場をいくつかリストアップしてみた。
■ポイアナ・ブラショフ(Poiana-Brasov、ルーマニア):低予算で旅行を楽しみたい人たちの間ではルーマニアで最も有名なスキーリゾート。初級〜中級者向け。6日間リフトパスは87ユーロ(約9300円)。最寄の空港:ブカレスト(Bucharest)

■フォーゲル(Vogel、スロベニア):上級者のためのゲレンデ外コース(オフピステ)から、初心者向けのコースまで数多く揃っている。何といってもこのスキーリゾートの最高の長所は、ボーヒニ湖(Bohinj Lake)を臨む絶好のロケーションだろう。6日間リフトパスは113ユーロ(約1万2000円)。最寄の空港:リュブリャナ(Ljubljana)

■スピンドレルフ・ムリン(Spindleruv Mlyn、チェコ):23のリフトと20のコースを擁する初中級者向けスキー場。6日間リフトパスは96ユーロ(約1万300円)。最寄の空港:プラハ(Prague)

■ヤホリナ(Jahorina、ボスニア・ヘルツェゴビナ):約20キロに及ぶゲレンデ外コース(オフピステ)や夜間スキーも楽しめるスキー場。1984年の冬季五輪女子アルペンスキーの会場にもなった。6日間リフトパスは74ユーロ(約7900円)。最寄の空港:サラエボ(Sarajevo)

(c)Relaxnews/AFPBB News