初滑りを楽しむスキーヤーら=栃木県那須塩原市の「ハンターマウンテン塩原」(伊沢利幸撮影)県内のスキー場のトップを切って「ハンターマウンテン塩原」(那須塩原市湯本塩原)が29日、オープンし、スキーヤーやスノーボーダーらが初滑りを楽しんだ。

オープンコースは上級者向けの「ウォールストリート」(長さ約600メートル、最大傾斜25度)。降雪機によるゲレンデの整備が順調に進み、当初の予定より2日早いオープンとなった。

この日は青空が広がり、風もなく絶好のスキー日和。午前9時のオープンから午前中だけで約200人が訪れ、思い思いのシュプールを描いていた。

千葉県から会社の同僚らと訪れた女性会社員(23)は「思ったより雪が軟らかくて気持ち良く滑れた」と話した。
(産経新聞)