GACKT×KISSMARKプロジェクト 第2シーズンがスタートアルペンは23日、取り扱いブランド“kissmark”において、アーティストGACKTとの共同企画スノーボード商品「GACKT×KISSMARK PROJECT Rouge et Noir(ルージュ・ノワール)」の販売を開始した。

2ndシーズンとなる今年は、「日常から非日常へ。」をコンセプトに桜や十字架をモチーフにした、GACKTならではのきらびやかなデザインが展開。街なかからそのままゲレンデに飛び出して行けるようなスタイリッシュなウェアや、和柄テイストのきらびやかなスノーボードとなっている。

アクセサリーは、ゴーグル、ニットキャップに加えて、今シーズンからは、フェイスマスク、チケットホルダー、ローラーダッフルバッグ、スノーボードケース、デッキパッドが登場。

またタウンやゲレンデどちらでも使用可能なキャップやロングTシャツも、新規アイテムとしてラインアップされている。
GACKTがスノーボードを始めたのは9年前。今ではスノーボードにのめり込み、ここ数年は冬山にこもってトレーニングすることが恒例となっているという。

スノーボードを始めたころは、「誰よりも遠くへ飛べる気がする」という自信から、直滑降でキッカーに向かい大怪我をしたこともあるが、その体験なども踏まえて、上達するためには「自分の安全を確保することが大切」とGACKTは騙っている。今シーズンのkissmarkウェアは、スタイリッシュでありながらも、パットやプロテクターの装着が可能な、スノーボーダーの安全にも十分配慮した機能的なウェアとなっているのも特徴だ。

TVCMにもGACKT本人が登場。販売開始と同時に関東・中京・関西・北海道・新潟・長野にて放映開始となっている。楽曲は本人歌唱の「WHITE LOVERS -幸せなトキ-」だ。

「GACKT×KISSMARK」プロジェクト2ndシーズンスノーボード商品は、全国のスポーツデポ・アルペンのスノーボード取扱い店舗、インターネット(26日より)にて購入可能だ。
(RBB TODAY)