オープンしたかぐらスキー場で初滑りを楽しむ来場者=23日、湯沢町湯沢町三俣のかぐらスキー場が23日、県内スキー場のトップを切ってオープンした。スキーヤー、スノーボーダー約1500人が来場し、雪の感触を確かめながら初滑りを楽しんだ。

今季は順調に降雪があり、滑走可能になった標高1350〜1700メートルに位置する全長約1500メートルのメーンゲレンデは積雪約70センチとなった。

同日午前は、オープンを待ちわびた来場者が、ロープウエー山麓駅付近に長蛇の列をつくった。ゲレンデでは雪が舞う中、「ザッ、ザッ」と音を立てながら白銀の世界を滑り降りた。

9歳の長男とスキーを楽しんだ沖縄県南風原(はえばる)町の医師(46)は「11月なのに雪質がすごくいい。沖縄から来たかいがありました」と満足そうに話した。
(新潟日報)