■ファミリー客開拓狙う

富良野市の富良野スキー場は12日、リフトの子ども料金(小学生以下)を無料にすると発表した。昨季は一日券で3200円だった。本格的スキー場の利用無料化は道内ではほとんど例がない。経営する西武グループによると、スキー客の減少に歯止めをかけるためで、全国9カ所のスキー場で一斉に実施する。

富良野スキー場はかつてアルペンスキーW杯も開かれた名門。利用客はピークの1990〜91年シーズンに62万1千人(子ども6万3千人)を記録したが、昨季は18万4千人(同1万8千人)にまで減少した。今季は17日に開業する予定。

同グループは、全盛期にスキー場を訪れた世代が子どもにスキーをさせる年代に入っているとして、無料化でファミリー客を取り込むとともに、未来の利用客の拡大につなげたい考え。
(朝日新聞)