奥美濃にウインターシーズンが到来し郡上市白鳥町のスキー場「ウイングヒルズ白鳥リゾート」が10日、西日本のトップを切ってオープン。初滑りを待ちわびた全国のスキーヤー、スノーボーダーが雪の感触を楽しんだ。

ウイングヒルズは1カ月前から人工造雪機をフル稼働し、全長約1000メートルのゲレンデに整備。
今年は気温が低い日が続いていることもあり、コースコンディションは最高という。

奥美濃の山々は紅葉真っ盛り。初日は朝から青空が広がり、昨年を大きく上回る1200人が来場し、リフト前には長い行列も。色とりどりのウエアを着た若者たちは、気持ちよさそうにシュプールを描いていた。
(岐阜新聞)