ノルン水上スキー場群馬県みなかみ町のスキー場では、オープンを前にリフトの設置作業が行われました。

群馬県みなかみ町にある「ノルン水上スキー場」では、毎年この時期から12月のオープンに向けた準備に入り、5日、リフトのケーブルに座席を取り付ける作業が行われました。スキー場の社員たちは、重さ100キロほどある座席を持ち上げてケーブルにボルトで固定していました。

このスキー場では、6日にかけておよそ120席を取り付け、今月中旬には、座席に重りを載せて安全確認を行うということです。
スキー場の石坂政己さんは「1台1台のリフトを安全に取り付けて、安心して使ってもらえるように心がけています」と話していました。

このスキー場は、今月からゲレンデに人工の雪を降らせて、来月20日にオープンする予定です。
(NHK)