「スキー初心者を指導する立場でありながら、重大な結果を招いた」――。

小谷村の栂池高原スキー場で2008年2月、愛知大学の女子学生2人が雪崩に巻き込まれて死亡した事故。長野地裁松本支部の二宮信吾裁判官は2日、業務上過失致死罪に問われた当時の同大非常勤講師で、学生を引率した沢田和明被告(65)(大津市)が、雪崩の発生を十分予測できたと認定し、禁錮3年、執行猶予4年(求刑・禁錮3年)を言い渡した。

最大の争点は、雪崩の予見可能性の有無。弁護側は「コース閉鎖を圧雪作業のためと考え、雪崩は全く思い浮かばなかった」と予見可能性を否定し、無罪を主張した。

判決では、地形や当日の天候などから、雪崩が原因でコース閉鎖が行われる可能性があることを十分予測できたと指摘。二宮裁判官は「同じスキー場での指導経験もあり、雪崩が思い浮かばないとは、にわかに信じがたい」と弁護側の主張を退けた。

量刑の理由では「初心者を指導する立場でありながら、閉鎖コースに進入し、学生2人が死亡した結果は重大」と非難。遺族の悲しみや喪失感に照らしても禁錮3年の求刑は妥当とした。
一方、被害者1人の遺族と愛知大の間で示談が成立し、事故を悔いていることも考慮し「被告自身に遺族への謝罪や被害弁償の責任を負わせるべき面もある」として執行猶予を付けた。

沢田被告はグレーのスーツ姿。じっと前を見据え、判決理由の朗読を聞いた。朗読後、二宮裁判官は「大学の講師として指導しているのなら、当然予測できたということです」と述べた。

判決によると、沢田被告は08年2月3日、引率した学生7人に立ち入り禁止コースに入るよう指示し、雪崩に巻き込まれた愛知大2年大木亜紀さん(当時20歳)と大竹麻友さん(同)を翌4日に死亡させた。

■「厳粛に受け止める」

愛知大の佐藤元彦学長は「判決を厳粛に受け止める。亡くなられた2人とご遺族、関係する全ての方に改めて深くおわびし、今後2度とこのような事故が発生しないよう努力していきたい」とのコメントを発表した。
(読売新聞)