オープンに向け取り付けられるスキーリフト=上川町の黒岳スキー場で、りんゆう観光提供大雪山連峰を見渡せる黒岳スキー場(上川町)で1日、今シーズンのオープンを前にリフトの取り付け作業があった。

キーリフトは夏の間、登山客を運んでいたペアリフトを活用。ロープウエイを運行する「りんゆう観光」(札幌市)の作業員約10人が重さ1台100キロのリフト計161台の位置を冬の積雪分高くし、全長約2200メートルのケーブルに付け直した。

昨年の開業は11月27日だったが、今年は自然雪のスキー場としては全国一早い9日を予定している。
(毎日新聞)