村上市は、リフトの運行を北陸信越運輸局に届け出ないまま営業していた市営蒲萄(ぶどう)スキー場について、今季の営業休止を決めた。

29日の市議会全員協議会で大滝平正市長が説明し、陳謝した。

リフト運行を管理する新たな「索道技術管理者」がいなかったことと、スキー場の施設整備の総点検が時期的に間に合わないことが理由。来年度、再開できるかについては今後、検討する。
(新潟日報)