富士山の吉田口登山道8合目半で20日午後2時ごろ、スノーボードで滑り降りていた前橋市の男性会社員(31)が滑落、腰椎を骨折する事故が起きた。

山梨県警富士吉田署によると、男性は頂上から滑走を始め、8合目半の吉田大沢のアイスバーンで転倒し、7合目半付近まで約300メートル滑落。山梨県の防災ヘリ「あかふじ」に救助され、甲府市内の病院に搬送された。

男性は同日午前6時ごろ、友人の男性と吉田口登山道を登り始め、午後1時ごろ頂上に到着。男性はスノボーで、友人は徒歩で別々に下山した。男性は滑落後、自ら携帯電話で119番した。

事故当時、山頂から7合目付近まで雪が積もっていた。積雪は20〜30センチで、8合目以上はアイスバーンが多く、滑走するには危険という。

富士山での滑走は取り締まる法律や条例がないため、管轄の警察署などが登山道の入り口に看板を設置するなどして危険を呼び掛けているが、事故は絶えない。同署は「例年、うちの管轄内だけで数件起きている。事故はこれから増えてくる可能性がある」としている。05年には横浜市の男性が滑落し、亡くなっている。
(スポニチ)