埼玉 屋内スキー場がオープン埼玉県所沢市にある屋内スキー場が、20日から今シーズンの営業を始め、初滑りを楽しむスキーヤーたちでにぎわっています。

この屋内スキー場は、ゲレンデの長さが320メートル、幅が30メートルあり、先月から降雪機でおよそ8600トンの人工の雪をまいてオープンの準備を進めてきました。

今シーズンの営業初日となった20日は、新潟県のスキーチームに所属するインストラクターや子どもスキーヤー24人が訪れ、滑りを披露するなどしてオープンを祝いました。
このスキー場は都心から近いうえ、毎年本格的なシーズンに先駆けてオープンすることから、20日も早速、群馬県や千葉県など関東の各地から集まったスキーヤーやスノーボーダーが初滑りを楽しんでいました。

千葉県市川市から小学6年生の息子と訪れた30代の男性は、「待ちに待っていたので、気持ちがいいですね。ことしも息子と一緒にたくさん滑りに行きたいです」と話していました。

このスキー場では、来年4月まで滑りを楽しめるということです。
(NHK)