宮城県蔵王町産の旬の食材を生かしたメニューで町の魅力をPRする「たっぷり蔵王! キャンペーン」が29日、町内各地で始まった。3回目のことしは飲食店や宿泊施設など24軒が参加し、自慢の料理を提供している。

28日は蔵王町のみやぎ蔵王えぼしスキー場で、町内外の約30人を招いて試食会を開いた。ブランド化を進める地元産牛肉「蔵王爽清牛」を使ったロコモコ丼など新作メニュー2品をはじめ、各店が提供する計31品が勢ぞろいし、参加者は食べ比べをして楽しんだ。

今回はスタンプラリーを初めて企画。期間中、参加3店のスタンプを集めて応募すると、蔵王の食材詰め合わせなどが抽選で当たる。キャンペーンは11月30日まで。連絡先は蔵王町観光協会0224(34)2725。
(河北新報)