9月17日、冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで2連覇を達成したショーン・ホワイトが、器物損壊などの疑いで逮捕されていたことが分かった。米テネシー州のナッシュビル警察提供冬季五輪のスノーボード男子ハーフパイプで2連覇を達成したショーン・ホワイト(26)が、器物損壊などの疑いで逮捕されていたことが分かった。米テネシー州ナッシュビルの警察当局が17日、明らかにした。

警察によると、ホワイトは16日未明、酩酊状態でナッシュビルのホテルの火災報知器を作動させるなどした疑いで逮捕。宿泊客が一時避難する騒ぎとなった。

ホワイトはタクシーで逃走しようとしたが、通行人に取り押さえられ、その際に頭をフェンスにぶつけたという。その後病院で治療を受け、17日に釈放された。

ホワイトは、2006年のトリノ五輪と2010年のバンクーバー五輪で2大会連続となる金メダルを獲得していた。
(ロイター)