ユリ300万輪 標高1300メートルに 片品のスキー場片品村土出の尾瀬岩鞍スキー場のゲレンデに咲くユリ。冬のホワイトワールドが、夏は五十種三百万輪のユリの花に包まれた「尾瀬岩鞍ゆり園」に様変わりしている。まもなくゲレンデ上部近く、ヤナギラン群生地でも紫の花が見られる。

標高約千三百メートルのゲレンデに広がる早咲きのオレンジや黄色のユリのじゅうたんを背景に、黒赤紫のユリが咲いている=写真。「黒いユリのランディーニで人気です」とユリの鉢直売所係員。五百円の鉢を四百鉢ほど用意したが、すでに半分になったと話す。

じゅうたんは八月、遅咲きのピンクや白に咲き変わる。県内外からペット犬を連れ、人々が訪れる。開園は八月二十六日まで午前八時半〜午後五時。入園料は大人千円、小学生三百円、幼児とペット無料。イベントなどの問い合わせは同園=電0278(58)7131=へ。 
(東京新聞)