自然農園「コバヴィレッジ」にドッグラン札幌・盤渓の自然農園「コバヴィレッジ」(札幌市中央区盤渓、TEL 011-616-7710)に7月8日、ドッグランとキャンプ場が開設された。

同施設は、4年前から営業停止している「コバワールドスキー場」の土地を利用して今年6月1日に開業。「レジャーパーク型自然農園」をコンセプトに、16万坪の敷地内に市民農園、施設内で収穫した農産物やハーブなどを使った道産食材を提供するレストランやベーカリー、バーベキューなどのアクティビティを行うことができるクラブハウスを設けるなどして全面リニューアルした。

ドッグランは、約2700坪の札幌市内最大の敷地面積で会員専用のコート2面、ビジター専用のコート3面を設け、年間を通して利用できる。利用料は、会員=500円〜、ビジター=1,000円〜。
キャンプ場は、テント約100 張分の面積で、犬連れ可能なキャンプエリア(利用料500円〜)を設ける。テントの貸し出しも行う。

「札幌市内はドッグランをできる場所、犬を同伴できるキャンプ場が年々少なくなっているので利用客も多い」と同施設広報担当の田中さん。「市内だが自然を満喫できるスポットなので気軽に足を運んでいただければ」とも。

営業時間は、ドッグラン=9時〜19時、キャンプエリア=10時〜。キャンプエリアの利用期間は10月中旬まで。
(札幌経済新聞)