スケボーで時速130kmを達成「ダウンヒル・スケートボード」のワールドチャンピオンであるミショー・エルバンが、ケベック州の山腹を時速約130kmで滑り降りてギネスに認定された。

「ダウンヒル・スケートボード」のワールドチャンピオンであるミショー・エルバンは、時速80.74マイル(129.94km)という、まさに正気の沙汰とは思えないスピードを出し、スケートボードによる最高速度としてギネス記録を打ち立てた。

そのようなスピードでカナダのケベック州の山腹を飛ぶように滑り降りることがどのような感じなのかは、実際にやらないかぎりわからないが、エルバン氏とRecon Instruments社は、本人の視点で撮影した動画でわれわれをその感動に一歩近づけてくれる。

エルバン氏はAndroidを搭載したヘッドアップディスプレイ(HUD)の試作品をヘルメットの右側に取り付け、スイッチを入れてからスタートしたのだ(文末に動画掲載)。
エルバン氏が乗るスケートボードは、GMRショップのデッキ(ボード)に、セラミックベアリングを組み込んだ85mmのウィール(車輪)と、Ronin Trucks社のトラックが取り付けられており、ニュートラルポジション(基本姿勢)のときにトラックがまっすぐな正しい位置になるよう、完璧なアラインメントで支えるアルミの支持板を備えている。まさにスピードのために作られた組み合わせだ。



カナダのブリティッシュコロンビア州に住むエルバン氏は、この日のためのトレーニングを2007年から続けてきた。これはブラジルのダグラス・ダ・シルヴァが時速112.99kmで記録をつくった年だ。

エルバン氏は2年前にコロラド州で、12%の勾配を滑り降りて時速80.83マイル(130.08km)を出し、国際グラヴィティスポーツ協会の記録を打ち立てた(上の動画)。

このときは標高約1,830mで行われたが、今回の滑走は、空気の抵抗がより大きくなる標高0m近くで行われた。したがってギネス記録となったわけだ。

「滑らかな舗道でこのくらいの速度を出すと、自分を引っ張る重力がそのまま感じられるんだ」とエルバン氏は言う。「周りのものすべてが、すごい速さで自分を通り過ぎて行くのはクレイジーな感じだよ」

それは楽しいかもしれないが、止まるときはどうなのだろう。スケートボードにはブレーキが無いので、単に脚を下ろせばいいわけではない。時速130kmの自動車から飛び降りたい人はないはずだ。

では、どうやって止まるのだろう? 風の抵抗を使うのだ。

「自分がそれまで入っていた球状の空間から飛び出して、両腕を上に広げ、自分をできるだけ大きくするんだ」とエルバン氏は述べる。それから思い切って足を地面に下ろすのだという。
(WIRED NEWS)