夏のゲレンデでごみを拾う妙高高原北小の児童=6日、妙高市の赤倉観光リゾートスキー場妙高市の妙高高原北小学校の4〜6年生79人が6日、冬の授業で使っているスキー場で清掃活動に取り組んだ。感謝の気持ちを示す恒例の作業で、冬とは違い緑が生い茂ったゲレンデでたばこの吸い殻や食品の袋を拾い集めた。

子どもたちは2班に分かれ、授業や部活動で慣れ親しんだ赤倉温泉と赤倉観光リゾートの両スキー場で作業を実施。駐車場やリフト乗り場周辺で草をかき分けながらごみを探した。
(新潟日報)