【ソウル聯合ニュース】北海道ルスツリゾートで開催中のスノーボードの全日本選手権で5日、男子パラレル大回転が行われ、韓国の金相謙(キム・サンギョム)選手が優勝した。大韓スキー協会が6日、明らかにした。

金選手はスノーボード(アルペン)の韓国ランキング1位で、2011年の冬季ユニバーシアードで金メダルを獲得している。
(聯合ニュース)