日本オリンピック委員会(JOC)が29日に開いた選手強化本部常任委員会で、2014年ソチ冬季五輪で日本選手の支援拠点となる「マルチサポートハウス」を、スキーやスノーボードを実施する山間部とスケート会場などがある市街地の2か所に設置する方針が報告された。

冬季五輪での設置は初となる。

橋本聖子副本部長らが現地を視察して候補を絞り込み、2か所ともホテルを利用する予定という。
(スポーツ報知)