スノーボードのワールドカップ(W杯)は25日、カナダのストーンハムで男子ビッグエアを行い、熊崎圭人(フッド)は49・50点で予選落ちし、23位だった。

アントワヌ・トルション(カナダ)が176・75点でW杯初優勝を飾った。4位のヤンネ・コルピ(フィンランド)がハーフパイプに続き、ビッグエアの種目別優勝を決めた。
(共同通信)