雪で作ったスクリーンで北欧映画などを上映する「みゆき野映画祭in斑尾2012」が25日、飯山市の斑尾高原スキー場で開かれる。北欧との文化交流が目的で、今回で4回目。今年は東日本大震災の被災地応援のため、初めて入場無料として募金を募る。

スキー場入り口に、雪で高さ約4メートル、幅約6メートルのスクリーンと、約200人が座れる客席を半円形に作る。雪のスクリーンは映画館とほぼ同じように映るという。

上映するのは、北欧と日本の短編映画計約10本。フィンランドのアニメーション作品「はりねずみ」など日本では初公開となる作品がほとんどという。

スウェーデン、デンマークなど北欧5か国大使館が協力、4月以降に東京の各国大使館でも映画が上映され、鹿児島、北海道、大阪などでも上映会が開かれる。8月以降には、震災被災地で北欧映画の上映や北欧文化体験会を行う予定。
主催団体のスノーコレクティブ(東京)の橋本晴子代表は「北欧に行ったことがない人も貴重な体験ができる。ぜひ来てほしい」と呼び掛けている。上映時間は午後5時半〜同9時。

雪で作ったスクリーンで北欧映画などを上映する「みゆき野映画祭in斑尾2012」が25日、飯山市の斑尾高原スキー場で開かれる。北欧との文化交流が目的で、今回で4回目。今年は東日本大震災の被災地応援のため、初めて入場無料として募金を募る。

スキー場入り口に、雪で高さ約4メートル、幅約6メートルのスクリーンと、約200人が座れる客席を半円形に作る。雪のスクリーンは映画館とほぼ同じように映るという。

上映するのは、北欧と日本の短編映画計約10本。フィンランドのアニメーション作品「はりねずみ」など日本では初公開となる作品がほとんどという。

スウェーデン、デンマークなど北欧5か国大使館が協力、4月以降に東京の各国大使館でも映画が上映され、鹿児島、北海道、大阪などでも上映会が開かれる。8月以降には、震災被災地で北欧映画の上映や北欧文化体験会を行う予定。

主催団体のスノーコレクティブ(東京)の橋本晴子代表は「北欧に行ったことがない人も貴重な体験ができる。ぜひ来てほしい」と呼び掛けている。上映時間は午後5時半〜同9時。
(読売新聞)