たまにミシュラン君に見えちゃうけど...。<br>
 たまにミシュラン君に見えちゃうけど...。

幻想的で不思議な感じ。アニメーションみたいだけどリアル。危険なカッコよさなのに観ていると静かな気持になる。そして、思わず魅入ってしまうナイト・スノーボーディングをお楽しみください。

これはプロのスノーボーダーWilliam HughesさんがLEDのスーツを着て、人けのないフランスのスキー場を滑り降りているところ。それを写真家でもあり映画監督でもあるJacob Suttonさんが撮影したものなんです。
滑ってる本人は遠目がきかないから怖そうだし危険な感じだけど、Suttonさんは、「いつも私は、珍しいライトニングの仕方で物を撮影する事に興奮するので、今回のように被写体自信が放つ光だけで撮影するのも面白いと思ったんですよ」ということで、この企画が実現したそうです。

ちなみに、このビデオを撮影するのに3夜かかったそうです。しかも外の気温はマイナス25度! 大変だったけど、その価値ある仕上がりですよね?
(ギズモード・ジャパン)