「弘前市社会体育施設等のあり方検討市民懇談会」は13日、弘前市役所で第7回会議を開き、市が運営する4スキー場の必要性などについて、提言書案を検討した。

そうまロマントピア、岩木山百沢の両スキー場は存続が望ましいとした一方、東目屋スキー場は廃止がやむを得ないとした。

高長根ファミリースキー場は会議の場で結論が出なかった。
(東奥日報)