親子連れなどでにぎわうゲレンデ=富山市山田小谷の牛岳温泉スキー場 5日の富山県内は冬型の気圧配置が緩んで高気圧に覆われ、時折晴れ間がのぞいた。富山市山田小谷の牛岳温泉スキー場では、家族連れや若者らがシュプールを描き、ゲレンデに歓声を響かせた。

最高気温は富山市で5.1度(平年5.9度)、高岡市伏木で5.4度(同5.6度)だった。午後9時現在の積雪は富山市猪谷149センチ、魚津市69センチ、砺波市51センチ、富山市中心部45センチ、高岡市伏木37センチなどとなっている。

富山地方気象台によると、6日の県内は昼すぎから雨となる見込み。南から暖かい空気が入り込むため、最高気温は富山市で10度、高岡市伏木で9度と、3月上旬並みになると予想している。同気象台は、気温の上昇に伴い、雪崩や落雪に注意するよう呼び掛けている。
(富山新聞)