北米で人気の総合競技大会、冬季Xゲームは27日、米コロラド州アスペンで行われ、スノーボードのスーパーパイプ女子決勝は2002年ソルトレークシティー冬季五輪金メダル、10年バンクーバー五輪銅メダルのケリー・クラーク(米国)が93・66点で優勝した。

14年ソチ五輪で新採用されるスノーボード・スロープスタイルの女子はジェイミー・アンダーソン(米国)が95・33点で制した。

男子に出場予定だったバンクーバー五輪ハーフパイプ覇者のショーン・ホワイト(米国)は、この日の予選前の練習で足首を痛めて棄権した。
(共同通信)