28日午後0時15分ごろ、長野県白馬村神城の白馬五竜スキー場から数百メートル南に離れた斜面で雪崩が発生し、山スキーをしていた愛知県の40代男性から「仲間が巻き込まれた」と110番があった。

長野県警大町署などが捜索し、約5時間後に深さ約5メートルの雪の中から御所市鳥井戸、高校教諭、岩田弘史さん(51)を発見したが、既に死亡していた。
(毎日新聞)