「ぐんまちゃん」の巨大雪像・水上宝台樹スキー場みなかみ町藤原の水上宝台樹スキー場に22日、本県のマスコット「ぐんまちゃん」の大型雪像が登場。高さ8メートル、胴回り18メートルの巨大なぐんまちゃんが、来場者を驚かせた。

本県のイメージアップやスキー客の誘客を図ろうと、2年前から県が同スキー場に設置を依頼。町内の建設業者とスキー場社員が約1週間かけて制作した。

オープニングイベントでは県、スキー場関係者、来場者代表の高柳知恵子さん(37)と憧ちゃん(4)の親子がテープカット。雪像の前でぐんまちゃんとのじゃんけん大会も行われ、子どもたちのにぎやかな声が響いた。雪像は2月26日まで展示される。
(上毛新聞ニュース)