サラ・バークフリースタイルスキー女子ハーフパイプの選手、サラ・バークさん(29、カナダ)が19日、練習中の転倒事故により死亡した。家族の代理人が明らかにした。

バークさんは10日に米ユタ州の練習場で滑走中に転倒し、重度の脳出血を起こして病院に搬送されていた。

バークさんはハーフパイプのトップ選手で、北米で人気の総合競技大会、冬季Xゲームで4回優勝。2014年冬季五輪では金メダルの最有力候補とされていた。
(ロイター)