スノーモービルで125mの大ジャンプを決めるムービースノーモービルは雪上でバイクのように高い機動性を持つことから、スキー場の監視・救助任務で活躍しています。

そのパワーを生かして、2012年のニューイヤーイベントで125mの大ジャンプを決めることに成功しました。

条件は違いますが、スキージャンプのラージヒルでK点(飛距離基準点)が120m。
スノーモービルがそれぐらいの距離を飛んでいる姿を想像すると、かなりの驚きです。

ジャンプに挑んだのはアメリカのスノーモービルライダー、Levi LaValleeさん。Winter X Gamesで金メダルをいくつも獲得している選手です。
「New Year. No Limits.」はアメリカのスポーツ番組チャンネルESPNが行っている年越しイベント。

今回のジャンプは2011年末から2011年末から2012年の年越しに行われたイベントでのもので、412フィート(約126m)という新記録を打ち立てました。

ちなみに、従来の記録は361フィート(約110m)で、これもLaValeeさんが作った記録です。

まずはバイクがスタート、こちらはRobbie Maddisonさんが乗車しており、同じく391フィート(約119m)の記録を抜くことを目標としていましたが、結果は378フィート9インチ(約115m)と微妙に及びませんでした。
(Gigazine)